中国高速鉄道の追突脱線事故


D305 - Beijing to Shanghai train / gmoorenator

中国浙江省で起きた高速鉄道の事故。

まるで列車が空っぽで走っていたかのような
人気の感じない事故現場の映像に違和感を感じます。

ぱっと見た感じで、何かが違う。

何が違うんだろう?と考えてみると

人命救助のための車両がまったく見あたらないのに気が付きます。

もしも日本なら
救急車やパトカー、消防車輌などの赤いパトライトが
あちこちでくるくる回っていそうです。


工事現場のような重機が主体となって
事故後の処理が行われている風景に寒気がします。

ニュースで読むと車両を埋めるために重機で砕く作業や土を掘り起こす作業をしていたといいます。


人の姿がない。
犠牲者の姿もない。

この列車に家族の5人が乗っていたという男性の家族の遺体は
運行再開のために高架から落とされた車両から
発見されたといいます。

車両を埋めたり動かしたりする前に
人命救助を優先するという考えはこの国には無いのです。


犠牲になられた人の数を一応発表していますが、
本当の人数はこのままだと特定できなくなりそうで、
遺体がどこにも見つからないという行方不明者の家族もいるそうです。

列車を埋めたときに一緒に埋められてしまったのではないかという疑いも出ています。


人を人として扱えない国が
どれだけ技術の向上を売りにしても
世界レベルには程遠いことをいつになったら分かるのでしょうか?