綾戸智恵さんのアルバム「PRAYER」

綾戸智恵さんの2年ぶりのアルバム「PRAYER」が8月3日発売されました。
曲は「アメイジング・グレース」、ジョン・レノンの「マザー」
レナード・コーエンの「ハレルヤ」、サイモン&ガーファンクルの「明日に架ける橋」など
全14曲。

綾戸智恵さんといえば お母さんの介護を続けながら
音楽活動をされていることでよく知られています。
昨年には積み重なる過労が原因で
今度は自分自身が倒れてしまうということがありました。

大阪のオバチャンを地で行くステージでのトークがとてもおもしろくて、
綾戸さんのライブはジャズとトークを楽しみに訪れるオバチャンファンは
とても多いのです。


レコーディングを開始後しばらくして東日本大震災があったため、
こんな時にCD作ってる場合やない。と 
アルバムの制作も一旦諦めかけたそうですが、

これまでに阪神大震災にもアメリカでの9.11テロにも遭遇した経験を振り返り、
「自分は皆さんに音楽を届けることが慰問であり、生き残った自分の役割」だと
考えるようになったといいます。

作品のタイトルに「PRAYER」とつけたのもそんなところからでしょう。

ゆったり聴きたい1枚です・・。


PRAYER

PRAYER