何もなかった日のブログの書き方

先日注文してあった本が届きました。
「手帳ブログ」のススメ

実は2日前には届いていたんですが
包装を開いてそのまま読めずに横目で眺めていました。

きょうやっと読み出しましたがまだ半分位のあたりで止まっています。

この本で書かれているのが
ふだんの何気ない一日、
ブログに書く題材に悩んでしまうような日から
記事をひねりだす ひねり出し方・・とでも言いますか、

まだ読んでいる途中なのですが
ブログを書くのに こんなに構成を考えて書いたことがないことに反省。


4行日記という
まず4行で日記を書く方法が紹介されています。

簡単に書くと

1行目【事実】その日あったこと自分がやったこと(記録する)
2行目【気づき】その事実から気づいたこと (反省)
3行目【教訓】その気づきから導きだされたこと教訓(次の行動の道標)
4行目【宣言】その教訓を活かしてできている自分の姿を描く(イメージする)

というものなのですが、
本書ではまたこの内容ひとつひとつを導き出しやすいように
説明がされています。


作業は細切れにすると良い。というのをどこかで読んだ気がしますが、

ただ、「何にしようか・・・?」と
漠然と書く題材に悩んでばかりいるよりは
こうして細かい作業に分ける方がずいぶん楽になりそうです。


何もなかった日というのは
実際は 瞬間何かを感じているはずなんだけれども
次の瞬間、目の前の景色が変わった途端別のことが頭によぎるためでしょう。

覚えておこう!とあんなに思っていたことでも
端っこすら全然思い出せない自分に情けなくなることもしばしばです。

ここでメモすることがとても大切になってきます。
これも習慣にしないといけませんね。
時にはレシートの裏とか携帯のメモとかできるときはメモしているんですけど
習慣とまでにはなっていませんから・・

これも頑張ってみましょう。

きょうは欲張りだな・・・


「手帳ブログ」のススメ

「手帳ブログ」のススメ