まぼろしの・・「茶洛のわらびもち」

一度食べてみたいと思っていた「茶洛のわらびもち」

きょうは修学院の方へ買い物の用があったので北大路通りを通って東へ向かうつもりで西大路を北に走らせていた時 「茶洛」のことを(先日テレビで見かけたので)ふと思い出しました。

ここのわらびもちは数量限定。
すぐに売り切れるというのでなかなか手に入らないらしい。
まあ、わらびもちは買えなくても せめて店の場所だけでも見とこか・・・くらいな気持ちで
西大路から鞍馬口通りへ右折、東に向かってみた。


鞍馬口通りは広い通りではなく東行き一方通行になっています。
千本通りを越えてからは都合よく前後に車はいなかったので、ゆっくり目に速度を落として走っていたのですが、
わらびもちの看板が目に入ったと思ったらちょっと通り過ぎてしまいました。
間口のせまいお店なので見落としそうです。

お、今の店か??と車を止めてバックミラーで確かめ、バックで戻りました。


誰も店の前にお客さんのいる様子もなくて、これなら買えそうだ。と思ったので、
お店の真向かいの専用のガレージへそのままバックで駐車。
停められるのは2・3台くらいで、これもうれしいことに空いていました。

たまたまだったのか誰も先客もいなくてすんなり「わらびもち」もゲット。
ずいぶんタイミングが良かったと思います。


ひと箱は道中の知人のお店に立ち寄ってプレゼント。
手に入ったことを「わー奇跡や!!」と大喜びしてもらえ何よりでした。
お取り寄せもできないのでお店に行かないと手に入らないし、行けば売り切れもあるという 
京都人でも知っているけどなかなか買えない、買いに行きにくいのです。


わたしの買ったのは10個入り。
抹茶のかかっているのとニッキの入ったきな粉のかかっているのが1列5個ずつ


  ↑
もっときれいに入っていたのに
ちょっと揺らしたらこんなにずれてしまいました(汗)


で、そのお味ですが・・・

抹茶は本物の抹茶なのでしょう。香りがとてもいいです。
きな粉のほうはニッキの香りがほのかにして甘さはほんとに控えめ。


小袋で抹茶ときな粉が付けてくれてあって、いただく前にかけると
香りがよみがえるのでうれしい。



とにかくやわらかい。

やわらかさは・・・お豆腐くらい。っていうと大げさかな。
でも和菓子用のフォークで刺して口に運ぶ間に落としてしまいそうなくらい
デリケートです。
口に入るとすーっと溶けてなくなります。


たぶん一人で10個はいけるとおもう。

今度は15個入りにしよう。なんて思っている私です。



『茶洛』 京都市北区紫野東藤ノ森町10−2


大きな地図で見る