たね坊のぬか床を買ってぬか漬けに挑戦


ぬか床を購入しようと思ったのは・・・

ぬか漬けはぬか床の作り方が難しくて、たとえ作ったとしても
漬けた野菜がぬか漬けらしい味になるまで結構な日数がかかります。

これまでも、何度も煎りぬかを買ってきては挑戦したものの
うまい味に漬かるようになる前に挫折してきました。

毎日混ぜる作業も忘れることも多かったです。


ぬか床を作ったら、
1日でも早くおいしいぬか漬けが食べたい!と誰でも思うもので、

うまく出来上がればガゼン楽しくなって
きっと次も頑張ろうとせっせとぬか床も混ぜるだろうし、
挫折もなくなるんじゃないかな・・・なんて


最初の最初だけでもちゃんとした種床があれば
そんな願いが叶いそうに思えたので
ネットでぬか床を販売しているお店を探してみることにしました。


食品は買ってみないことにはわからないので
ホームページだけではなかなか迷いますね。

そんな中、
「毎日混ぜなくても大丈夫!」・・・と書かれていたこの言葉に惹かれ
「熟成たね坊のぬか床」に決めました。


早速注文。


熟成たね坊のぬか床セット、到着です。

熟成たね坊のぬか床スタートセット

【セットの内容】
ぬか床(熟成ぬか1.5kg)、足しぬか(熟成ぬか1kg)
酸味調整用煎りぬか100g、説明書(漬け方・手入れのしかた)


漬け込み開始。


人参、ブロッコリーの軸、大根

たぶん最初はそんなにうまくつからないと思って、野菜は残り物で用意。


大きめのビニル袋に入ったぬか

ぬかは容器に移す前にこのまま袋の中でほぐします。

容器に移し、野菜投入。

表面を平らにして、漬け込み完了です。

出来上がりと感想

丸1日置きました。

最初は塩辛い、と書かれていましたので漬け時間は少し短めに。
ポリポリ。いい歯ざわり。
期待してなかったのですが結構いけました。


その後いろいろ漬けてみましたがちょっと酸っぱめに感じました。
地方や個人差がありますね。
これも説明書にも書かれています。

酸っぱさを調節するために調節用のぬかが付いているので
これを何度かに分けて調節していきます。

私はだいぶ足しました。

それと、
野菜は漬ける前に塩で表面をこすってから漬けるのを忘れないように。
いい味になります。



このページの一番上の写真。

きゅうりとなすの漬物はその後の私の作品(?)です。
なすもいい感じの仕上がりでしょ?
もちろんおいしかったですよ。

漬け上りがこれ。

なすはなかなかいい色に漬からなくて苦労するのですが
このぬか床にしてからはほんとにきれいな色に漬かるようになってうれしいかぎりです。

塩で表面をこすっておくことと、もちろん鉄のものも入れていますが・・。


その後の管理

いつもは冷蔵庫に入れています。
たまには丸1日外に出してやると良いそうです。
冬の時期は外の方が良いかもしれませんね。

私のことですから、やっぱり時々混ぜるのを忘れますが・・・
ぬか床は大丈夫ですよ。(笑)

水が浮いてきたら、ぬか床の表面に少しくぼみを作って
キッチンペーパーをたたんで乗せておくとペーパーが水気を吸ってくれます。


くり返しぬか床を使っているとだんだんぬかの量も減ってきます。
このセットには追加用のぬか(ぬか床と同じもの)が入っていましたので
少しずつ加えています。


説明書にはぬか床の手入れの仕方やいろんな野菜のつけ方、
ぬか床が酸っぱいとき・塩辛いときの手入れの方法が書かれているので
初めての方でも安心だと思います。
メールで問い合わせもできるようですし・・。


過去に何度も失敗と挫折を重ねたぬか漬けもおかげでやっと我が家の
食卓の定番になりました。

(やっとまともなぬか漬けが食べられると)家族もとても喜んでいます(笑)

残り野菜も使えるのでとても経済的ですし、
スーパーで買えば ン百円もする漬物を何回も買うことを思えば
すっかり元は取った感いっぱい。
大満足です。


自然の健康食品

ぬか漬けなどの発酵食品が見直されていますね。
昔から日本人のからだに合った自然の健康食品なんでしょうね。

漬物に含まれる乳酸菌や酪酸菌などの菌類は大腸がんなどの
予防になるとも言われています。


熟成たね坊のぬか床スタートセット

たね坊のぬか床お試しセット




 ▼なすを漬けるときにおススメ

南部鉄器 鉄茄子2本組 33003

南部鉄器 鉄茄子2本組 33003