ロジクールのマウスは買って正解だったと思う

Logitech m510

買って良かった!と思えるもののひとつに
現在使っている「ロジクールのマウス」があります。


余談になりますが・・・

最近になって「ロジクール」と「ロジテック」は
同じ会社だと知りました。

ロジテック(スイス本社)は世界的にはLogitechがブランド名となっています。
しかし、日本で商品を展開する際、
日本にはすでにLogitec(ロジテック)というブランドがあったため
日本でのみ、同商品でもLogicool(ロジクール)として流通されているそうです。



購入した昨年の初めに、
確かここでもレビューを書いたと思いますが
これまでのマウスと比べ物にならないくらいイイ感じです。

 昨年1月のレビュー記事
 →http://d.hatena.ne.jp/yukinon28/20120114/p1


1年使ってみて、
ますます好きになりました。



マウスというのも買って使ってからでないと
ほんとうのところ使い勝手は分からないもの。

数千円もするような値段の高いものは買わないので
壊れるとか使い勝手が悪いのは値段のせいかな?とも思うのですが、
1年どころか数ヶ月でダメになったものもありました。


ワイヤレスのマウスは電池の持ちが重要

マウスのスペックを見ていくと、
光学式やらレーザー方式やら、
ボタンやジェスチャーなどに目が行きます。

それがワイヤレスタイプなら
電池持続時間のチェックも大切だと思いますね。



これより前に、
一度ワイヤレスのマウスを買ったことがあるのですが
電池がすぐ切れるので
こんなオモチャみたいなものか・・・と
がっかりしたのがワイヤレスの第一印象でした。


電池がすぐ切れるというのが
今思うと信じられないのですが、毎週取り換えていました。

バカにならない電池代です。
「なんぼいるねん!」とボヤキまくり。



無線マウスはあきらめて、
その後は有線のマウスを使ってみたのですが、
一度ワイヤレスを使うと、やっぱり線はジャマなんですよね。


そんなことで、

「よく売れている無線マウス」を探して
時間をかけてネットで真剣に調べてみました。


電池の持ちはどうしても気になるし、
電池の持ちの良いもの。というのが必須条件。


ランキングやレビューを読んで、
たどり着いたのがロジクールのマウスなのです。

気になる電池の持ちは確か「2年」て書いてあったと思います。

これまでの無線マウスで懲りているので、
2年というのは内心「ウソでしょ」って感じ、
そこまで期待はしていませんでした。


昨年1月に購入して使ってみた結果、
この1年の間に電池を交換した回数は2回。

1月から使い始め、1回めの交換は夏。
2回めは12月でした。



ただし、私が使用していた電池は
パナソニックの充電式エボルタ電池なので
蓄電量にばらつきもあることでしょうし、
市販の一般電池とは差があるのではないかと思います。

一般電池だともっと持つのかもしれませんね。


でも、これでも十分でしょう。


もちろん、無線に関してのトラブルなどは全くありません。



・・・ということで、
ロジクール(ロジテック)のマウスは
これまでのマウスの中では一番長く使っています。


まだまだお気に入りです。
ロジクール(ロジテック)のファンになりました。



LOGICOOL ワイヤレスレーザーマウス 充電式 高性能レーザーセンサー G700
by カエレバ