読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

象印コーヒーメーカー EC-KS50(珈琲通)を買いました


朝のコーヒーの準備をしようとしていたとき
置いたサーバーに手を引っかけてしまい、流し台に落下
口のあたりが欠けて大きくヒビが入ってしまいました。

毎朝、コーヒーを飲まないと1日が始まらない生活なので
コーヒーメーカーは無いと困ります。



使っていたのはパナソニックコーヒーメーカーNC-S7
壊してしまったガラスのサーバーは
コレ↓


Amazonで調べるとサーバーの価格は2,100円也。

本体は4千円に足らない金額で買ったのに・・・。
何でも 部品って割高ですよね。



この際、新しいコーヒーメーカーを買った方がいいかな?と思い
早速ネットで調べました。
(最近はお店に足を運んで買うことがほんと少なくなったなぁ...)


価格.comでレビューなどから情報を探し、
メーカーのホームページも見て決めたのがこれ。
          ↓

象印 コーヒーメーカー EC-KS50


Amazonで購入を決めました。
価格はもう少し安い店舗もあったのですが、
到着の速さでは信用があったので決めました。


レビューを読んでいると出来上がりのコーヒーの味は
メリタ製のがなんだか評判が良さそうでちょっと心が揺らいだのですが、
やっぱり毎日使うのもの。
使い勝手に重点を置いて調べました。


水のタンクが外せるのがイイ

ひとつは注水の際、水は入れやすいか?というところ。
これまで使っていたのも、水のタンクが外せるものでした。
掃除もしやすいですからね。


ウチの場合、調理台の向こうの少し高くなった場所に置くので
水を入れたり目盛を見る作業はどうしても気になります。

注水口の狭いものとかは、いくら味が良くても却下。です。




こういった生活家電を買うとき
あなたはどこに重点を置いて購入を決められますか?


デザインやサイズも大切ですし、
音やパワーや付いている機能も気になります。
加えて、手入れのしやすさも簡単な方がいいですよね。


私は使いやすさ、使い勝手が良いか?というところで
けっこう慎重にリサーチします。

購入したら不便に感じていてもずっと我慢して使い続けないといけないわけで
後悔したくないので、ここのところは譲れないポイントになります。
使いながらストレス溜めてちゃダメですしね。

サーバーはステンレスが良いワケ

先代のパナのコーヒーメーカーで不便だと思ったところは
スイッチが自動でoffにならなかったところ。
切り忘れるとコーヒーが煮詰まってしまいます。

サーバーがガラス製の場合は
セットした受け皿がヒーターで保温するしくみです。
なので、
確かに保温はされるんですけど、コーヒーは不味くなるばかり・・・でした。


この象印 コーヒーメーカー は抽出が終わると自動で電源がoffになります。
節電にもなりますし、
ステンレスポットは象印さんのお家芸ですから保温は信頼できます。
コーヒーの温度も味もそのまま保てるので大満足です。




  ↑↑
サーバーの口も大き目です。

私の手だと入ります。
内側の底まで良く見えますし洗いやすい作りです。


難は、外からコーヒーの量が見えないこと。あたり前ですが・・

あと、このサーバーの形にもよるのでしょうが、
全部注ぎ切ったつもりでもコーヒーがサーバー内に残ってしまうこと。
最後の1杯はキャップを外して全部注ぐようにしています。

どちらにしてもすぐに水洗いするので手間は同じです。



コーヒー粉をセットする部分はスウィング型で
バスケットが外せます。



抽出されたコーヒーはここを伝って魔法ビンの中に入って行きます。


コーヒーを注ぐときはサーバーのキャップに付いている
レバーを押すだけです。
いちいちキャップを緩める手間がないのも便利です。


夏はアイスコーヒーが簡単に作れます。
サーバーの中に氷を入れて抽出するだけです。
そのまま冷たく保てるのも魔法ビンだからのこと。

夏が楽しみです。


ZOJIRUSHI コーヒーメーカー 【カップ約1~5杯】 EC-KS50-RA レッド
by カエレバ