タイトルのアラ還は返上かな・・

Birthday CakeBirthday Cake / Will Clayton

とうとう先月に誕生日を迎え、
還暦というところまで来てしまいました。


60歳手前から書き始め、
アラ還的〜と名づけたこのブログのタイトルですが、
このまま行くべきか・・・
ちょっと気になっています。


せっかく慣れ親しんだタイトルなので
このままにしておこうか。とも思うのですが
虚偽の申告になるのでしょうか(笑)

ま、来てくださる人には大した影響があるわけでもなく
内心は面倒なのもあってこのまま通り過ぎようかと考えています。



という「還暦」ですが、
なぜ60歳がひと区切りのように言われるんでしょうか?ね。

干支(えと)が一巡するからだ。というのは聞いたことがあったのですが、
この際ちゃんと知っておこうと調べました。


干支の字の「干」は十干(じっかん)のこと。
同じく、「支」は十二支(じゅうにし)のこと。

十二支は ね・うし・とら・う・たつ・み...と
割とすんなりだれでも言えるんですが、
十干はちょっと馴染みが薄いですね。

十干とは
甲・乙・丙・丁・戊・己・甲・辛・壬・癸。
「きのえ」とか「きのと」とか十二支の前に付けてその年を表します。

詳しくは、
  甲  こう  きのえ (木の兄)陽
  乙  おつ  きのと (木の弟)陰
  丙  へい  ひのえ (火の兄)陽
  丁  てい  ひのと (火の弟)陰
  戊  ぼ   つちのえ(土の兄)陽
  己  き   つちのと(土の弟)陰
  庚  こう  かのえ (金の兄)陽
  辛  しん  かのと (金の弟)陰
  壬  じん  みずのえ(水の兄)陽
  癸  き   みずのと(水の弟)陰


私は巳年の生まれです。という言い方はしますが、
ほんとうはその前に十干が付くんですね。

今年は十干の「癸(みずのと)」、十二支の「巳(み)」の年なので
「癸巳(みずのと み)」といいます。

この十干と十二支の組み合わせは60通り。
つまり60年でこの組み合わせを一巡するということです。

そして「還」は戻るとか帰るとかいう意味、
「歴」は干支の意味。
それで60歳が「還暦」となるわけなんですね。

60年前の生まれた年も癸巳(みずのと み)の年だったってことね。



還暦の年、今年で退職した友人も多く
いよいよその後の人生を考える点に来たとも言えます。

私はまだもう少し仕事も続けることになりますが、
その後のことはまだ考えていません。


面白いもので、
この歳になってみてこの先どんなことをやっていこうかと思う時、
さて何年の猶予があるかな?というのが頭のどこかにあるんですね。

若い頃にはたぶん
自分の未来に期限など感じることは無かった思いますが、
思うように身体がついて来なかったり
ものが見えにくくなったりと制限が出てくるのも合わさって、
見方や考え方まで変わってくるもんなんだな・・と
最近つくづく感じます。