ひらがなの小文字の入力はどうしてますか?

Wolfkingキーボード
Wolfkingキーボード / ZoAmichi

パソコンを15年近く使っていて
今ごろになって新らしい発見をしました。

それは「キーボードでのひらがなの小文字の打ち方」



何を今ごろ・・・。と
お思いの方もいらっしゃるでしょうが、

何しろろくに基本の勉強もせずにパソコンを触ってきたもので
未だに知っていることのほとんどは
必要に迫られるか、偶然かで手に入れた素人知識です。

今回もそんな中の一つになります。



話は元に戻して・・・

皆さんはキーボードでひらがなの小文字ってどうやって入力してますか?

例えばどうしても
小さい「ぁ」や「ぇ」を書きたいときあるでしょ?
「はぁ〜?」とか、「へぇ〜!」とか・・・。



私がこれまでやっていた方法は
まず、Aのキーで「あ」表示させてから
変換していって小さい「ぁ」まで辿り着いたらEnterを押す。でした。


ところが、なんと!

表示させたい小さい文字の前に
「X」キー、か「L」キーを打っておけば
良かったんですね〜♪



でもちょっと調べてみたら、
これって普通に皆んな知ってることみたいですけどね(;´∀`)ハハ・・・

他にもIMEバーの設定を触るなんて方法もあるようですが
面倒な方法はパス!
手軽&時短な方法が一番です。



例えば、
「あ」の小さい文字「ぁ」は「L」「A」の順にキーを打ちます。
「い」の小さい文字「ぃ」は「L」「I」となります。
(もちろん「L」の代わりに「X」でもOKよ。)




よく使う「つ」の小文字「っ」って
あいうえお以外のキーを2度連打すればいいんですが、
後に必ず他の要らない文字まで表示されてしまいます。

例えば、mを連打すると、「っm」のようにね。


だからこれまでは
単独で「っ」って入力したいときは「っm」と一旦入力した後、
「っ」の後の不要なアルファベット(m)をわざわざBackSpaceで消すという
アナログな手段を使っていたのです。


おかげさまでこれからは
「っ」も「L」→「TU」で一発で書けるようになったワケで、
嬉しい限りです。




キーボードってうまくなってるもんだ。

すごいね〜!!( ゚∀゚)・∵.
と久々の新発見に感動した日でした。


おわり。


by カエレバ