膝を傷めていた原因は? 〜ベーカー嚢腫その後〜

Two Sets of Little Piggies

ベーカー嚢腫との診断から1ヶ月が経ち、
予約してあった再診に行ってきました。


相変わらず膝の裏は膨れたまま。
なんだか少し腫れが大きくなったような・・・。
(気になっているのでそう思うんでしょう)

歩くときふくらはぎや太ももの裏側の筋肉が引っ張れて
痛みというより不快感というか、
以前に比べるとつっぱり感がいつも気になるようになってきました。



再診といっても何も処置することはないのです。

水を抜くでもなく、先生は膝をあっちこっちに曲げたり
膝周りを触診して終わりです。


先生が言うのは前回と同じで、
希望するなら水はいつでも抜けるよ。
抜けば一時は楽になるからね。
でも解決にはならんからな...です。
(私自身水を抜くつもりはありません)


どうすれば良くなるんでしょうね・・・。


突然、先生は靴を見せて。と言いました。


靴を脱いで渡すと、
靴を裏返し底を見るなり「やっぱりな。」と。

私の靴底を見ると、
外側の方がだいぶすり減っています。


靴底の外側がすり減るというのは
つまり簡単に言うとO脚ということなんですが、
足の外側に体重がかかっているということですね。

ひざ下の脚がななめ外側に傾いているので
膝関節では内側の骨のほうが強く当たることになり、
膝の障害を起こす原因になっているんだそうです。


そういえば昨年だったか
膝が痛かったとき無意識に手で擦っていたのが
いつも関節の内側あたりだったな。。。と思い出しました。



で、さらに
私の靴には土踏まずのクッションを付けていました。

これは私のような足裏の外側に重心がかかる人にとっては大間違いで、
さらに外側に傾くのを助けているようなものでした。


そっか・・・。

私は土踏まず用のクッションを付けたほうが
足が疲れないと思っていたんですが、とんでもない素人判断でした。


今履いている靴はすぐに履くのをやめて
新しいものに変えるように言われました。

O脚を補正して膝への負担を減らす

まだ症状が軽い場合は 
靴の中敷(インソール)で足の傾きを補正してあげると
膝への負担は軽減できるんだそうです。




私の場合、ベーカー嚢腫そのものに外科的な治療がないので
膝の負担を軽くするために
この際、インソールを作ってもらうことにしました。

原因はO脚だけじゃないでしょうし、
インソールで治るとは思っていませんけれどね。


私には右足だけ外反母趾も有るので
医療用オーダーメイドの方が良いかと思います。
市販のものよりちょっと出費ですが健康保険扱いになります。




日本人には私のようなO脚の人が多いそうですね。
O脚は序々に膝に負担がかかり、
将来にひざ痛を起こすリスクがとても高くなります。

特に女性。
40歳を過ぎたころから症状が出やすくなります。


おばあちゃんで両膝が完全に離れてしまって
O脚の進行した方を見かけますよね。
歩くの辛いのかな・・・。
痛いのかな・・・。って思います。



私がいつも思うのは
歳をとってもいつまでも自分の足で歩けることです。
手押し車や杖も使わずにね。



これまで靴裏のかかとの外側が減っているのなんて
別に普通だと思っていたのですが、
こんなに膝に影響するんだ・・・と知りました。

足の計測はこれからですが、
これでベーカー嚢腫が少しでも改善されるといいなぁ〜。
と願っています。

さてどうなるでしょうか・・・。


「関連記事】



by カエレバ