犬の耳がいくら掃除しても汚れるのでとうとう病院へ

EARS!

わが家の犬は右耳だけが
どうしてかよく茶色い耳垢がたまります。


左耳はいくら拭いてもきれいで、
これまでも何とも無いのですが
いつも右耳だけよくありません。



季節や気候にもよるのですが
今回はいつもより痒がるのと、
毎日拭いているのにコットンがまっ茶色になります。

こういうときはたぶん耳の中にいる
カビの一種か細菌が繁殖してるんだと思います。



こうなると耳そうじくらいでは絶対に治らないので
病院へ行って点耳用のお薬をいただいてきました。

目薬のような液状で1日1回1滴、耳に差します。



特に耳が垂れている犬種は
蒸れやすいから気をつけないといけないようですが、

以前家にいた耳の立った柴のMIX犬も
梅雨の時期や春先には
よく同じようなことになってましたから
一概には言えない気がします。



悪さをしているカビや菌も
いつもはおとなしくしている潜在菌だったりするので
気温が上昇したりすると急に活発になって増えるんでしょうね。





ウチの場合、耳の調子の悪い時はすぐ解ります。

犬の顔を正面から見ると悪い方の耳が少し下がリ気味だったり
悪い耳の方へ首を傾けているようなときは
かなり痒いか違和感がある時で要注意なんです。



お宅のわんこはいかがですか?


もしかして
同じような様子でしたら早く発見して
すぐに病院へ連れていってあげてくださいね。



耳は慢性化する場合が多く
薬でササッと治ることは少ない気がします。


飼い主は気長に根気よく治療に付き合ってあげる必要がありますね。
物言わぬ家族のため・・・に。



 ▼愛犬の耳掃除に使っています。 

ノルバサンオチック118ml

ノルバサンオチック118ml