読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

殺処分寸前の子犬が災害救助犬として人を救うまで

殺処分寸前だった子犬が引き取られ
災害救助犬になるまでの動画があります。



当日、ガス室が満杯だったために
きょうは生き延びたという子犬。


ガス室の前の檻から
ピースウィンズ・ジャパンの人たちに引き取られ
大切に育てられ訓練を受け災害救助犬として活躍しています。




昨年8月に起こった
広­島土砂災害現場に初出動した時の様子もあります。

ピースウィンズ・ジャパン/夢之丞の物語


ピースウィンズ・ジャパン(「ピースワンコ・ジャパン」プロジェクト)の災害救助犬・­夢之丞の紹介ムービーです。夢之丞は、動物愛護センターで殺処分直前だったところをピ­ースウィンズ・ジャパンが救い、災害救助犬の訓練をしてきました。2014年8月の広­島土砂災害の現場に初出動し、行方不明だった男性1名を発見しました。


夢之丞という名前は
処分用ゲージを指すドリームボックスから生還し、
夢と希望を託すという意味を込めて名付けられたそうです。




この時ピースウィンズ・ジャパンに一緒に引き取られた
夢之丞と他3匹の子犬たちとの様子です。

PWJにやってきた4頭の物語


訓練を受けた4匹の犬たちは
それぞれの適性を判断し2匹は災害救助犬、
2匹はセラピー犬として頑張っているそうです。



犬の殺処分0を目指す活動として
広島にできた災害救助犬訓練センターでは
サポーターを募集しています。


ピースウィンズ・ジャパン「ワンだふるサポーター募集」
http://www.peace-winds.org/jp/jinseki/index.html





人が殺そうとした命に
逆に人が助けられている。

なのに

人は自分が飼った犬1匹すら
知恵をしぼり努力して救おうとしないのでしょうか?




殺処分なしの活動に応援したいと思います。



殺処分ゼロ―先駆者・熊本市動物愛護センターの軌跡

殺処分ゼロ―先駆者・熊本市動物愛護センターの軌跡