殺処分ゼロを願って書かれた絵本“ある犬のおはなし”

f:id:yukinon28:20150304040909p:plain
                 (作・絵:kaisei)


kaiseiさんが書かれた絵本があります。

  http://p.booklog.jp/book/92182/read


見ると涙があふれて見えなくなるのですが・・・。



殺処分された犬の数、
平成24年度で16万頭です。

自分の都合が悪くなったら
飼えないからと目の前からなくせば済むと思っている。
ガラクタやゴミと同じに扱う感覚。

許せない。



自分の手でガス室のボタンを押せますか?

自分が殺しているという認識がないから
平気なんです。



ある犬のおはなし~殺処分ゼロを願って~


「ある犬のおはなし ~殺処分ゼロを願って~」 改訂版 - YouTube
           (piyopiyo0215さんが動画にされました)

【追記】 -----------
「ある犬のおはなし」がついに書籍化されました!

ある犬のおはなし

----------------


これから犬を飼うという方がいたら
その前に心に刻んでおいていただきたいこと。


一旦犬をわが家に迎えたら
例えば15年、どんなことが起ころうと
一緒に暮らすことになるという現実を想像してみてください。


25歳の人なら35歳を超え40歳あたりの先までです。

結婚をし、子供ができ、
子供の成長に学費もかかり、
職によっては転勤があるのかも知れません。

そして犬は歳を取ります。


結婚したから・・
子供ができたから・・・
転勤になったから・・・
介護できないから・・・

そんな理由だけで平気で目の前から抹殺する人がいるんです。


自分人生の15年くらい先まで
必ずお世話をする覚悟ができないのなら
飼わないでいただきたいのです。



もちろんそれ以前に
心ないブリーダーやペットショップの生体販売も
大きな問題だと思います。


法律や社会の仕組みを変えるために
ひとりひとりの人の意識が変わること、大切だと思います。



犬の気持ちがもっとわかる本 獣医が伝えるアニマルコミュニケーション

犬の気持ちがもっとわかる本 獣医が伝えるアニマルコミュニケーション