高浜原発の楽観的な安全審査や新基準を疑う再稼働差し止め仮処分

大飯原子力発電所 Ooi Nuclear Power Plant
                     (これは大飯原子力発電所

福井地裁できょう言い渡された
高浜原発の再稼働差し止めの仮処分。

司法(樋口裁判長)に拍手を送ります。

 

これで高浜原発の再稼働は
司法の手続きを経てこの決定が覆らない限り
不可能となりました。

関西は高浜原発の100km圏内

高浜原発の100km圏内には
滋賀県や兵庫県は元より
京都も大阪も神戸も入ってしまいます。

福井にある原発はとても需要な位置にあるのです。

地元の生活のためとかよく言われますが、
地元が潤うとかいう問題じゃありません。

ほぼ関西全体にも大きな影響が及ぶ問題です。

福島原発の事故で近隣の県が影響を受けたことは
よく分かっているはずです。

 

未だに福島原発の処理も出来ないのに

事故が起きても自分たちで始末をつける力がないのは
現在の東電で証明されていることで、
国ですら何も出来ないでいるじゃないですか。

未だに手に負えず、
放射性物質の混じった水を
だまって海水に流し続けていますよね。

こうして現実の問題を処理できないと分かっているのに
なおかつ原発を動かそうとできるのか
その思考が不思議でなりません。

 

都合よく作られた基準などクリアしても
なんの突っ張りにもならないことがわかるでしょう。

一旦事故が起きればあの通りです。

同族の審査会なんて意味無いです。
稼働させることを前提に調査しているとしか思えません。


東電の嘘ばかりの発表や
後手後手の対応が発覚してきた経緯をみても分かります。

自分の首だけが大切な集団に何ができますか。

 

ブレーキのない車に乗るのは自殺行為です。

このまま原発は1基も動かさないでいてもらいたい。


生活のために原発が必要なんて
もうそろそろ終わりにしませんか。

子や孫の世代が
大きな負の遺産を受け継ぐことになったと思うと
本当に可愛そうでなりません。

 

終わりなき危機~日本のメディアが伝えない、世界の科学者による福島原発事故研究報告書~

終わりなき危機~日本のメディアが伝えない、世界の科学者による福島原発事故研究報告書~