京都市犬猫のマイクロチップ装着に助成開始

Coco in May

ワクチンの接種に行ってきました。

同時にいつも
フィラリア&マダニ予防のお薬も貰って帰ります。
このお薬がこれまた高い。。。。

春は毎年、高額出費の季節です。

この時、ふと診察室に貼ってあった
マイクロチップの装着を勧めるポスターに
目が止まりました。

マイクロチップは前から気になっていたのです。

ポスターの内容は、

-------------------------
京都市が犬と猫のマイクロチップ装着の助成を
この5月1日からスタート。
今年度は先着1000匹。

マイクロチップは無料。
飼い主の負担は登録料の1,000円のみ。
-------------------------


普通ならマイクロチップだけで
たぶん5,000円程度かかってた気がします。

皮膚の下に埋め込む。という想像をすると
なんだか怖い、かわいそう・・と思っていたのですが、
登録の手数料だけでいいならこの機会に
お願いしようと思いました。(ゲンキンな・・)

 

震災のときにもマイクロチップの入っていた子は
すぐに飼い主が見つかり戻ることができたそうですし

万が一、何かのトラブルでパニックになることも考えると
首輪につける登録証だけでは
取れてしまう可能性もあるので不安です。

マイクロチップの大きさは直径2mm×8~12mmのカプセルで、
生体に無害なガラスを使用しています。
中には15桁の認識番号が記憶されたチップが入っていて
専用のリーダーで番号を読み取ります。

 

ヨーロッパやアメリカなどでは
個体識別(身元証明)の方法として普通に使われていますし、
飼犬にはマイクロチップが義務付けされている国もあります。

◆京都市の助成制度の内容

犬及び猫に対するマイクロチップ装着の助成開始について

 

 早速、装着をお願いしようとしたのですが、
きょうはワクチンを打ったところなので
来月の健康診断のときにしましょう。となりました。

 

せんせー、先着1000匹ですよ。
来月で大丈夫ですかぁ?

先生には予約しましたよ!と念を押して帰ってきました。

ほんとに1000匹以内に入れるのでしょうか?

(書くとやぶ蛇かな。。。ww)

 

by カエレバ