読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きれいにむけるゆで卵の作り方の試行錯誤まとめ

ゆで卵が剥けました。
ゆで卵が剥けました。 / hemiolia

わが家では毎朝、朝食用にゆで卵を作っています。

コツを掴むまではよく失敗を繰り返しました。
茹でている最中に割れて中身が出たり
出来上がったゆで卵がむきにくかったり
たかが「ゆで卵」ですが意外と悩みますよね。

試行錯誤の結果、最近では失敗も無くなり
つるんとむけるきれいなゆで卵を毎朝頂いています。

な~んてことない方法なんですがご紹介します。

茹でるときも割れずきれいにむけるゆで卵の作り方

コツとしてあげると

  1. 卵に穴をあける
  2. 常温に近い温度にする
  3. 新鮮過ぎる卵は避ける

以上の3点です。

1.卵に穴をあける

何がなんでも用意したいのはこれ。

「からむき上手」
【今売れてます!】便利小物 からむき上手 [C-3520]【RCP】

卵に小さな穴をあける便利グッズです。
卵の丸くなっている(カーブのゆるい)方に小さな穴をあけることで
カラと中身のすき間に水が入っていきむきやすくなります。

 ↓ウチの使い古しの「からむき上手」です。

f:id:yukinon28:20150813161011j:plain

針が出ると危険なので
クッション部分は
 ロックがかかります。


卵は尖った方を下、丸い方を上にして保存しますよね。
丸い方には空洞があってそこに穴をあけるというわけです。

茹で上がった後は水で冷やすのも効果的です。

2.卵は常温に近い温度にする

冷蔵庫で冷たくなっている卵は冷たいまますぐ茹でるより
できれば常温に戻し、水から茹でるほうが割れにくいようです。

私は卵に穴をあけたら水を張った小鍋に入れて
しばらく置いてから茹で始めるようにしています。

3.新鮮過ぎる卵は避ける

実際、新鮮な卵はむきにくいです。

新鮮な卵は内部に炭酸ガスが多く含まれているそうで、
茹でることにより炭酸ガスが膨張し
卵の白身と薄皮とカラとが密着してしまうのでむきにくくなるとか。

炭酸ガスは日が経過するほどに
カラにある微小な穴から自然に抜けていくので
日が経った卵ほどむき易くなるということです。

   

もしも、卵にヒビを発見した時は

穴をあけるときなどにヒビを入れてしまった時など
茹でる水に小さじ1杯くらいの酢を入れておくと
中身が飛び出してきません。

茹でている途中でもヒビを発見したらすぐに「酢」です。

 

茹で時間は・・・

沸騰しはじめたら中火で6分がベストかと。
黄身がしっとり固まってるくらいの茹で上がりです。
5分だと黄身が半熟。
タイマーを設定しておけば楽ちんです。
ただし、茹で上がりを放置すると出来上がりは変わります。

沸騰したら10秒ほど←【訂正】スミマセンm(_ _;)m
(1分間ほどは時々)卵をくるくる回してあげると
黄身が片寄りません。
付きっきりでかき混ぜてる必要はないですよ。

 

たかがゆで卵。されどゆで卵。
これらワザを駆使すればほぼ100%
きれいなゆで卵が作れますよ。

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ

by カエレバ