読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京五輪のエンブレム:プロには違いが分かるが一般人には分からないらしい

Tokyo Tower Special Lightup <Invitation for 2020 Olympic Games> (Shibakouen, Tokyo, Japan)

東京五輪のエンブレムが使用中止になりました。

人としてこれ以上耐えられない。と言ってたらしいですが、
これ以上国民の理解が得られないという理由で
デザイナー?の佐野さんから取り下げたいという申し出があったそうです。
 

先週末、あと出しじゃんけんみたいに大会組織委員会が開いた
説明会がありました。
ここで初めて
佐野さんの提出したエンブレムの原案というものの存在を紹介し、
そのデザインが修正されていった経過が明らかにされました。

これでベルギーの劇場ロゴのパクリではないかという
疑いを払拭したかったのでしょうが、
これがまた展覧会のポスターのロゴとそっくり・・とは呆れます。
墓穴を掘ることになりましたね。

エンブレムの展示例の空港や渋谷の絵も
外国の人のサイト写真を流用していたとか、
サントリーのプレゼントバッグのイラストデザインも
結局はパクっていたのを認めたわけで
この人はずっとこのやり方で仕事してきたんだろうなと想像しています。

ロゴの選考(審査)の段階で何を見ていたんでしょうか。
調べればこれほど続々と情報が出てくる時代なんですから
審査の過程でなんで調べなかったのかと思います。

同じように見えるデザインでもプロのデザイナーには
コンセプトの違いによるオリジナリティは理解出来るが
一般の人には分からない。ということらしいです。

まぁ、こんな雲上の理屈、サッパリ分かりませんが
見るのは一般人なわけで、
素朴に、同じだ!と見えるだけなんですけどね。

新しいロゴはいつ決まったのか分からないような選考方法ではなく
一般公募で集め公開投票してもいいくらいです。
カッコ悪いことにならないようどうか慎重に選考していただきたいものです。

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ

by カエレバ