母の認知症その後|診断から2年が過ぎて

huwa^ri

母が初期の認知症と診断されてからちょうど2年が経過しています。

症状はあまり進行しているような感じがしません。
というか、少し改善しているような感さえあります。

相変わらず同じことを何度も訊ねることはあります。が
以前より会話が普通にできている気がします。

症状が改善しているのでは?と思うこと

私はだいたい月に一度のペースで実家に帰っています。
洗剤やらトイレロールやらかさばる物や重いものなど、
車がない生活では大変な買物はこのときまとめて買いに行きます。

買い物に行く前には母の言う商品をメモしていくのですが、
母はさっき言った同じものを何度も言います。
さっき聞いたから書いてあるよ。と言うと、
ちょっと思い出して気が付くのか、
「あ、さっき言うたなぁ・・・」とボソッと言います。

私の欲目で見ているのかもしれませんが、
こういう会話が以前のような病的な感じがしないのです。

動きを見ていてもそうです。
以前は台所で食事の用意をしていると、
たくさんのやることの順番がつけられないのか、
頭に浮かぶもの浮かぶものに振り回されている感じで、
あっちに手を付けこっちに手を付けウロウロする
無駄な動きが目立っていました。

例えば、
さっき箸をテーブルに出したのに、また箸を出そうとして、
どこにあったかな・・としまってある場所を探す。とか、
お茶の葉はどこ?と聞くとあっちこっちの扉を開けて探す。
で、今やっていたことを忘れる。という、
いつもテンパってる・・・そんな風でした。

あの頃(下の記事)はほんとに変でしたから。around60.hatenablog.com

この頃の様子から比べると、ずいぶん良い状態に感じます。 

 

物忘れ外来に行かなくなったこと

実を言うと、
母は物忘れ外来は初診と再診1回を受けただけで、
それ以降は行っていません。

もの忘れ外来のある総合病院はかなり遠く、
私が実家に帰って車で行ってたのですが、
12月の再診日は私が仕事が忙しくて帰れなくなると、
自分たちで行く。と言ってたのが、
結局、診察日をキャンセルしていました。

ノリ気がしないのと、
私が送迎に行かなかったことが重なってしまい
行く理由がなくなったからでしょうね。

「もの忘れ外来」は
私の顔を立てて行ったようなものでしたから、
仕方ないのかも知れません。

気おくれするタイプの母には
大病院の雰囲気や事務的な雰囲気の先生がイヤなんだろうな。
と、そんな気配は感じていました。

初めにもらった認知症の薬はムカムカして食欲がなくなる、
と、いうことで(副作用に書いてありました)、
再診の時に別の薬に変えてもらっています。

次の薬は大丈夫でしたが、病院に行かなくなったことで、
当然その薬も飲んでいないままです。

あの時、担当医から聞いた
「認知症は治らないが、薬で進行を遅らせることは出来る」
というのが正しいなら、
薬飲まなくても症状が落ち着いてるのはなぜなんだろう?
というギモンが湧きます。

異常さが目立ったあの頃の出来事は
ほんとうに認知症のせいだけだったんだろうか?
 

何種類もの薬を10年近く飲んでいたこと

あの頃、母はいくつもの薬を常用していました。

70歳あたりから眠れないとか
体調のことをぐずぐず言うようになっていて、
それで、病院で処方された薬をずっと飲んでいたようです。
どんな薬を飲んでいるのかは知りませんでした。

私が母の言動をみて認知症か?と気になりだした頃に、
ふと、母が薬を飲んでいたのを思い出しました。
ひょっとして薬の副作用でも、
認知症に似た症状が出ることもあるんじゃないか?
というのが頭をよぎりました。

父に薬の名前を病院に聞いてくれる?と頼んだところ、
飲んでいたのはハルシオンやどれもが脳に関連する薬でした。
調べると案の定、副作用に「記憶障害」もあるようです。

聞くと、
何年もずっと検査も診察もしないままで、
薬だけ取りに行っている。と言うではありませんか。

こんな薬を10年近くも検査もしないでずっと出し続けるとは・・。
何といういい加減さ!
ちょうど父が運転免許を返納したタイミングだったので、
車でしか行けないその病院はそれを理由にしてやめました。

その後、父かかりつけの医院に変わりました。
その先生は父のガンを見つけてくれた先生です。

そこでは、初診にちゃんと検査をしてもらうと
飲む薬は2つ減って2種類の薬でよいことになりました。

意外だったサプリメントの効果

私が送っているサプリメントもずっと続けているようで、
母曰く、
「この薬(サプリメントのこと)飲んでたら、
ふらつかへんからいいわ。」だそうです。

今はふらつくのがずいぶんマシになったと言って、
その後、ふらつき止めの薬も飲まなくなったといいます。

4種類もの薬を飲んでいたのが今や1種類になりました。
(睡眠導入剤だけはどうも必要なようです)

最近の母の様子を見て比べると
あの頃の異常な言動は薬が悪さしていたのかな・・?と
思ったりします。

 

<提供:楽天市場>

私が送っているサプリメントというのは、
この「宝バイオのフコイダンサプリ」なんですが、
父のガンの再発を防ぐためと思って送りはじめたもので、
いつの間にか母のものになっていました。

ふらつく原因も
病院でいくら検査しても分からないままでしたから。
母が言うように、
このサプリメントにそのような効果があるのか?
ひょっとして認知症に効いているのかなぁ。。とか
色々想像してしまいます。

母も今年81歳になりました。

認知症は急に進行することもあるようなので、
油断はできませんが、
今は落ち着いていてくれることに安堵しています。

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ

by カエレバ