読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今年買って良かったモノ|初期不良で交換となった洗濯機

f:id:yukinon28:20151105145225j:plain

今週のお題「今年買って良かったモノ」。
それは(いろいろ有りましたが)洗濯機です。

購入したものの、洗濯物の量を感知するセンサーがおかしくて、
どれだけ洗濯物をいれても水量が20Lとしか表示されない。
という初期トラブルがありました。

そのときの記事がこれ↓

around60.hatenablog.com


あれから 翌日メーカーの方が調べに来てくれました。

調べると言っても、
私がやったと同じことをやってみて
水量の表示が20L以外変わらないのを確認。

やっぱり、でしょ?ということで、
部品を取り寄せてから修理に改めて伺います。と
いうことになりました。

ところが、後日電話があって、
一代前の商品のため製造も終わっていて
部品も調達できないと言います。

家電って同じバージョンで毎年のように新しい型番になるけど、
見た目も同じようなのに、
何かが改良されて発売されてるんでしょうか。ね?

それにしても、センサー部分の部品まで
そんなに変わってしまうものなのかなぁ~。
なんだか別の意味が有りそう・・なんて、勝手に勘ぐりしてます。

結局、修理ではなく新品と交換ではいかがでしょう?
と言うことになったのですが、
同じものは昨年の型のため在庫がないということで
同シリーズの今年発売の商品との交換になりました。

ネットとか見るとまだ売られているのにね。
メーカーには残ってないものなのかもしれません。

 

そうこうしてさらに一週間後、
交換品の洗濯機が到着しました。
デザインもほぼ同じなので違和感もありません。
肝心の水量の表示も今度は洗濯物に応じてちゃんと変化します。

買って良かったところ

しかしながら、
この洗濯機は使う水量が少なくて済むのでホント経済的です。

洗濯槽に穴がないので、これまでの洗濯機のように
外側の洗濯槽との間に水が貯まらない構造なんですよね。

これまで使ってきた二重槽の洗濯機だと、
6キロタイプの洗濯機で最高水量は60L。
この洗濯機は同じ6キロタイプで最高水量は38L。

だいたい45Lの水位で洗うことが多かったのですが、
今使う水位は29Lか34Lです。

給・排水にかかる時間も少なくなったので、
洗濯時間もかなり短くなりました。
すすぎ1回コースや時短コースだと、
気が付くと洗濯が終わっています。

これは絶対水道代が安くなりそう・・と楽しみです。
それに伴って、
洗剤や柔軟剤の減りも少なくなって助かってます。

買った早々にちょっとトラブりましたが、
今年買って良かったものにランクインの洗濯機です。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ 

by カエレバ