読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kindle 使ってみないと分からなかったこと

買った物+レビュー

Kindle  

やっとのこと、Kndleを買いました。

プライム会員になれば4000円お安く手に入ります。

しかし、

プライム会員に申し込んだ1ヶ月間は無料体験期間で、
無料体験期間中にKindleを注文をすると、
一旦、定価の8,980円を先ず支払うことになります。

1ヶ月の無料体験期間が終わってプライム会員の年会費を納めると、
4,000円のAmazonギフト券が送られてくるというかたちです。

 

あとでギフト券もらってもなぁ...。
4,000円の金券とは言え、結局はAmazonでしか使えないし、
ちゃんと値引きした4,980円で購入したかったので、
プライム会員に申し込んだあともKindleの注文はグッと我慢して、
無料体験期間が過ぎるのを待ちました。

ほんとはすぐにでも欲しかったんですけどね^^;

Kindleか Kindle Paperwhiteか?迷った結果

 Kindleを買うにあたり、レビューは熱心に読んで回りました。
☆2つとか3つという人のレビューは特に注目します。

その中に、老眼の方にはKindle Paperwhiteがいいよ。
っていうレビューがありました。

ちょっと気持ちが揺らぐ・・・。

でもまあ、薄暗い部屋で灯りもつけずに読むこともないだろうし、
こういうツールは次々とバージョンアップするだろうし、
最初からこれ一つにお金をかけるのも・・・ね。と、
やっぱりKindleに決めました。

 

初めてのKindle

Kindleが届き、初めてKindle本を開いた時の印象は「薄暗いな」です。

実際手にとって初めて分かったことが、
Kindleの文字の背景は白ではないということ。
文字の背景は淡いグレーがかったような色をしています。

これが薄暗いと思った原因です。

パソコンやiPadの画面を見慣れていると、
Kindleの画面の印象はうす暗く感じるのは仕方ないかも知れません。

Kindleは薄暗い場所で読むには無理があるというのが理解できました。

f:id:yukinon28:20160207042644j:plain

 

やっぱり老眼にはpaperwiteが読みやすそう

KindleとKindle Paperwite を比べると、
先ず、解像度が違いますからそれだけでも
Kindle Paperwiteの文字はくっきりしているはずです。

そして、何よりも
一番の差は Kindle Paperwiteは内蔵ライト(フロントライト)があるので、
薄暗い場所や夜にも断然見やすいというところですね。

Kindleでも明るい照明の下なら夜の読書も大丈夫ですが、
それでも、老眼の人にはやっぱりPaperwiteが無難でしょうね。

もしも画面にパソコンのような明るさを想像する方であれば、
同じようにPaperwite の方がおすすめです。

 

読書する時間が増えた

Kindleを買う以前からKindle本はいくつか買って読んでいました。

しかし、スマホでは画面が小さくて読みづらいのと、
パソコンでももちろん読めますが、
パソコンの前に座るくらいなら他に優先してやりたいことをやってしまいます。

Kindleは持って歩くにもかさばらないし、
どこにでもバッグに入れて持っています。

ちょっとした時間にいつでも読めることと、
読みたい本をその場で選んで読めるというのが良いですね。
読みかけだった本も全部読んでしまいました。

ほんと本を読むことが億劫で無くなったことがうれしいです。
これは使ってみて実感しました。
もっと早く買えばよかった。と思います。

普通の本を買って本棚に入れたら、
ずっと読まないままになるだろうことはこれまでで分かっています。

プライム会員+Kindle購入が条件で、
毎月(限定本の中から)1冊の本を
無料でダウンロードできるのもちょっとした楽しみになっています。

 

今ひとつ画面の明るさにはちょっと悔やみつつですが、
倍のお金を出してKindle Paperwhiteを買うか?というと・・買いません。
それなら今度はFireでも買おうかと思ったりしています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ 

Kindleとは編集

 
Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]

 
Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック