象印の炊飯ジャー「圧力IH 極め炊き」

f:id:yukinon28:20190516042120j:plain


一週間ほど前のこと。

昼にジャーを開けると、保温したご飯が変!
匂いが変。ごはん粒も変。

古い炊飯ジャー(調べたら8年前のもの)だから、
保温すると少々匂いが悪くなるのは仕方ないとしても、
それとは別物のようなニオイ。

底の方のごはん粒がべちゃ~っとなって、
水に浸かったようになってる。

ほぼ腐ってるっぽい感じ。

 

この時炊いたお米は買ってきたばかりで、
初めて買う銘柄だったからお米が悪かったのかなぁ~?
と、米のせいかも・・と思ったり。

その日すぐに今度はしっかりブランド米を買ってきました。
福井県産の特Aこしひかり。

どや!

これを炊いてダメなときは、
疑う余地もなく炊飯器がアカンということです。

その晩、そのこしひかりを炊いてみました。
けど、変なニオイもしないし、食べられます。

え~、やっぱり米が原因?

  

いえいえ。
モンダイは次の日でした。

 

保温で一晩を過ごし、
確認してみたけど違和感は感じられません。

しかし、

今度、晩ご飯の準備の前にジャーを開けると・・・
ん~、臭います。

底の方のお米が水っぽくベチャっと感がでています。

お米さん。
疑ってごめん。
悪かったのは炊飯器でした。
 

 


その日の夕飯の白ご飯は諦めて皿うどんで乗り切り、
すぐさまAmazonで炊飯器を注文しました。
翌日に着くPrimeは助かります。 

象印「圧力IH 極め炊き」が到着!

f:id:yukinon28:20190516040455j:plain

届いたその日にご飯を炊いてみました。

今までのご飯はなんだったのか・・・。
こんなにも美味しく炊けるのかと嬉しくなりました。

 

炊飯器が壊れずに長持ちしてくれたのは有難いことだけど、
すでに買い替え時期は過ぎてたんでしょう。
機能も段々低下してご飯の味も落ちてきてたのに
それに慣れてしまってたんですね。 

炊いたお米に感動するのも久しぶり。

 

f:id:yukinon28:20190516041028j:plain

圧力をかけるだけに蓋の裏が違います。

炊飯器には圧力IHの他にマイコンやIHなどありますが、
圧力IHだとお米がもっちり炊きあがるらしく、
柔らかめが好きなのでそれも選んだ理由です。

それと保温機能。
この「極め炊き」にはうるツヤ保温という機能があって、
確かに保温してもご飯がしっとり。
次の日でもご飯がおいしい!ってこれが一番良かった。

 

家電はいくら機能の良さを説明されても、
買って使ってみてからしか良し悪しが分からない!
ってところが悩ましいですよね。

特に炊飯器なんて、
ご飯を炊いてみて、さらに食べてみて初めて判断できるもの。

Amazonでは辛口レビューが多くて不安だったけど、
いえいえ美味しく炊ける炊飯器ですよ。これ。

レビューに書いてあった、
蓋が開かないとか音がするだとかの 不良もありません。
(圧力鍋と同じで弁の持ち上がるカチッて音がします)


今回は期待どおりの炊飯ジャーに巡り合え、
いい買い物になりました。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ