田舎で暮らす高齢の両親

f:id:yukinon28:20200302014250j:plain

つい先日、田舎に帰ってきました。

その前は12月の初旬に帰ったきりです。
お正月には妹夫婦が行ってくれてたので、
今月は必ず帰ろうと考えていました。

 

父は今月93才になりました。

母の認知症の症状はゆっくりと進んでいるようですが、
ふたりともケガや病気で病院のお世話になることもなく、
なんとか自分たちで日々の暮らしを送ってくれています。

近所にお店もないので食事はお弁当を配達してもらっています。

父は「買い物ももう来年までかな。」と言いつつ、
どうしても必要なものは、運動のつもりで・・と、
今でも自転車で買いものに行っています。

大きなカサ張る買い物だけ、
私が帰った時に一緒に行くことにしています。

 

 

元気だけれど歳も歳、
本当に買い物に行けなくなったらどうすればいいんだろう?

間違いなく買い物難民になります。

そんな不安が頭をよぎるようになってかれこれ数年、
これまではなんとか過ごせてきたけれど・・。
見ているとそろそろ心もとなくなってきました。

同じような親御さんのいる方たちは、
皆さんどうしてるんでしょうね。

 

何か頼れるものは無いか?
行政の制度のこと、そして介護のこと、
もっと調べて学習しないと・・と思います。

いよいよ先延ばしはできなさそうです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

このページのTOPに戻る