乳がん術前検査の結果と全摘を選んだ理由

Bright Pink Cocktail Reception – DC

最後の抗がん剤治療から4週間後が手術になります。

手術前の週は準備としての検査が続きます。
血液検査、マンモグラフィー・超音波(エコー)、
MRI、骨シンチ。

以前に受けた検査なので勝手も分かっています。

 

その後、検査結果を踏まえて、
さあ手術はどのような手術にするか?
先生の説明も受けて相談ということになります。

 

術前の検査結果

まず、検査の結果ですが、
腫瘍はかなり小さくなっていました。
最初1.3~1.4mm程度だったものが3mmくらいになっています。

エコーやMRIの画像を素人の私が見ても、
本体がどれなのか分からないくらいの状態になっていました。

もちろん肺や肝臓、骨への転移もありません。 

 

検査結果だけ見ると、文句なくうれしい結果です。

 

けれども手術となると、
他に考慮しないといけないことがあります。

 

以前、抗がん剤治療の前や途中で撮った画像診断で、
主となる腫瘍以外の小さな点々があることが分かっていました。

今回の検査でもこれらの小さな転々が残っていました。

 

おそらくこれらは乳管の中にあるものということです。

ガンの断定はできてないですが、
乳管内のものは抗がん剤も効きにくいらしいです。

 

乳がんでは、非浸潤性と浸潤性というのがあります。
乳管の中にあって外に出てきていない状態を非浸潤性。
腫瘍が大きくなって乳管外に出てきたものは浸潤性といって、
血管やリンパを伝い転移していく可能性がでてきます。

 

乳がん手術の方法を決める

手術は大きく分けると乳房温存法と乳房切除法になります。

温存法は、乳房の形を残して腫瘍部分を取り除く方法です。
切除法はその文字の通り、乳腺を全部摘出してしまう方法です。 
(乳房の再建術で後にふくらみは作ることができる)

 

今、手術方法を決める上で焦点となるのが、
やはりいくつか残っている小さな点々です。

これらを無視して今回小さくなった腫瘍だけを取り除く、
部分切除の方法。

または、今後ここからの再発を防ぐ意味で全摘の方法。

 

正解って無いんですよね。 

現状や手術・リスクなどの先生からの説明はそれとして、
最終、手術の選択は自分が決断するしかないのです。

 

検査結果でガンが小さくなってたら手術も軽くなるんじゃない?
なんて、
内心ちょっと楽観的な思いもあったのですが。

さて、

どうするか?

 

by カエレバ

手術を全摘に決めた理由

全摘の場合は乳房がなくなります。
これがリスク。

温存法では、私の場合小さな点々を残すので、
再発のリスクが残ります。

そして術後に放射線治療(毎日25回)がセットになります。
私としては放射線治療を受けたくないので、
これもリスクです。 

 

で、

私は乳腺を全摘する乳房切除術を選択しました。

理由は、
放射線治療は避けたいこと。
再発するリスクはなくしたい。

この2つが大きいです。


再発を心配してしまうのは、
私のガンはグレード3だということ。
増殖などの活動が活発で、大人しいタイプでは無いのです。

 

乳房がなくなることにはあまり抵抗はありません。

いちばん最初に乳がんの診断を受けたときに、
そんな想像もしていたのでどこかに覚悟もありました。

そりゃあ、残せるなら残したいですが・・。

 

歳も歳ですし、
こんなことを言うと顰蹙(ひんしゅく)を買いそうですが、
手や足をなくしてしまう方のことを思えば、
ちっとも不便じゃないし大したデメリットはありません。

そして、乳房の再建という方法もあります。


でも私は断りましたけど・・。
また手術が必要だし、何度も痛いのは御免です。

 

抗がん剤の成果も良さそうだったし、
ちょっと期待してたんだけどな~。(未練がましい^^;)
これもまぁ、仕方ないです。

このページのTOPに戻る