脾臓の検査結果は血管肉腫でした

脾臓摘出の手術から今日が11日目。
再診で病院に行きました。

正月休みを挟むので、
生検の結果は遅れるだろうと思ってましたが、
今日には届いていました。

f:id:yukinon28:20190111061505j:plain

 

検査には、脾臓の他に肝臓と腸管リンパ節のサンプルも出していました。

先生はいい結果じゃなかったんですよね・・と、
届いた書類を見せて分かりやすく説明してくれました。

脾臓に関しては血管肉腫。

肝臓や腸管のリンパ節は明らかな転移は認められない。
とのこと。
これも採取した部分に関して・・と解釈しています。

 

驚きはありませんでした。

やっぱり・・。
想像がはっきり現実になったということです。 

血管肉腫は摘出しても予後は良くなく、
完治する手立ては無いものと知っています。


免疫力のアップするような食事と、
あとは良いと言われることは何でもしてあげてください。

先生はそう言葉をかけてくれました。


それが飼い主の自己満足だとしても、
出来るだけのことをしてあげたと思えることで、
後悔が残らないように・・。
ということなんだろうな 


あとどれくらい一緒にいられるだろう・・・。

ふと、そんなことも思うけど、
考えても仕方ないことは考えないことにします。

飼い主の脳内イメージはそのまま犬に伝わるので、
普段どおりでいることが一番良いことと思います。

 

手術2日前から始めた漢方薬も続けます。
フードに手作りご飯を混ぜるようになりました。

馬肉の酵素が良いというので生ミンチのトッピングを始めました。
喉のために、粘膜を柔らかくするという
海藻粉末も加えることにしました。

 

最後まで痛みや苦しみがないことを願って、
出来ることは何でもやってみようと思います。

 

といって、
本人は術後1週間も経つころから元気復活です。

どよ~んと老けた顔が若くなりました。
この2ヶ月、行こうとしなかった土手の散歩コースに向かって、
自分から歩きだしました。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

このページのTOPに戻る