ひとり散歩から“ウォーキング”へ変化

f:id:yukinon28:20190322120527j:plain

朝の散歩がなくなり、ひとりで歩き始めたのは
レイが亡くなって1週間が経った先月の23日でした。

あれからひと月・・・今も続けて歩いています。
レイの散歩は雨の日でも欠かせませんでしたが、
そこんところは緩めで、きっちり休みますが・・^^;

脾臓摘出の手術までは、
朝は3~4km、夕方には1km位の散歩が日課でした。

胃捻転を起こしてからは散歩らしい散歩をしなかったので、
しばらくぶりに歩いてみると、
最初の2・3回は足が張ってちょっと痛くて、
ずいぶん鈍っているなぁ・・・と感じました。

レイとの散歩はいつも意識的に速く歩いていました。
せっせと歩かないと大型犬には運動にならないですから。
そんなおかげで私の足は鍛えられていたんだと思います。

最初は「レイと歩いたいつもの道を歩いてこよう。」
と、そんな気持ちで始めたものの、
いつも側にいる相棒がいなくて歩くのは手持ち無沙汰な変な感じ。

そんなひとり歩きもひと月経ってやっと慣れてきたこの頃です。
風景などあたりを見回して小さな発見をする余裕も出てきました。

欲しかったBluetoothのイヤホンも買いましたよ。
radikoやAmazonMusicを聞いてると、
リズムよく歩けます。

Semiro Bluetooth イヤホン 高音質 ワイヤレスイヤホン IPx5防水 ヘッドセット 両耳 スポーツ マグネット ON/OFF搭載 人間工学 内蔵マイク ハンズフリー通話 ブルートゥース ヘッドホン iPhone Android 対応 (ブラック)

 


毎日歩くようになったら、
今度はウォーキングのやり方なんかも調べたりして。

せっかくなら多少でもダイエットとか、
効果のある歩き方したいじゃない?なんて欲深くなっています。

 

ウォーキングの歩く速さって4~7km/hが良いらしいですね。

私は最近4km45分を切るようになっているので、
約5.5km/h位のペースでしょうか。

もう少しこのままで続けてみて、
次は、あと+10分、5kmを目標にします。
ちょっと本格的ウォーキングに変わりつつあります。

 

ちょっとずつ前進。

「ちょっとずつを積み重ねることの大切さ」
イチロー選手の言葉、思い出します。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

このページのTOPに戻る